中古住宅の選び方(TOPページ)


■スポンサードサイト

中古住宅の選び方!中古住宅を賢く活用していくための知恵・情報

中古住宅 本来、住宅に限らず・・建物は、末永く存在し、活用され続けていくものとして創出された ものでした。現在でも神社・仏閣などの建築物は木造ながら数百年単位で存在し続けています。

しかしながら、近代作り出されている建物は、スクラップアンドビルト(古い建物を取り壊し、そこに 新しい建物を建設するという考え)の思考で創出されたものが多数を占めているのが実状です。

住宅においても、核家族化が進む中、「家を受け継ぐ」という習慣もかなり薄れてきています。 都心・地方を問わず、子供たちは社会人となるタイミングで実家を飛び出し、新しい居住の空間 で生活をするようになっています。職場と居住地との距離感関係などの問題もあり、実家を相続 することになったとしても、実家を手放すケースが多くなり、建物は取り壊されることになるのです。

そんな中、「地球環境問題」が注目されるようになってきました。その影響を受けてでしょうか・・ マンション・住宅においても「100年住宅」といった長持ちする住宅建設が登場し、推進されて きています。

ただ、残念ながら、このままでは「100年住宅」などいくら建設したところで無駄となってしまい ます。中古の住宅、住まい続けている住宅を積極的に活用していく「気持ち・意識」を育てていかなければ 意味がないのです。”利用する気持ち(需要)”があって、初めて”100年住宅”は意味を成していくの ですから。

そこで、当サイトでは「中古住宅・現在住んでいる住宅」を賢く活用していくための『知恵』情報 をご紹介していきたいと思います。これからの時代、間違いなく”中古住宅市場”は発展していく ものと考えています。地球環境問題・自然との共生をはかっていく上でも、中古住宅・建物を上手に 活用していくことがとても大切な要素となるわけですから。

中古住宅を購入する時の、新たな仕組み。既存住宅状況調査を活用しましょう。

2018年4月から、改正宅建業法が施行されました。いくつか、改正ポイントがありますが、一番重視しておきたいのが 中古住宅の売買に関連して、中古住宅の調査を行う仕組み(既存住宅状況調査)が作られたことです。

住宅売買時に、専門的な資格(既存住宅状況調査技術者)を有した専門家による、建物調査が行えるようになった(選択性) のです。

このことで、今後は、良質な中古住宅を購入することが出来る機会が増えていくといいですね。

ちなみに、新築住宅に関しては、マンション・戸建ての内覧会同行検査サービス の活用が年々増えてきています。


スポンサードサイト

住宅購入時の「土地環境」チェック要素

住宅 中古住宅に限ったことではありませんが、住宅・建物の良し悪しを検証していくには、 多くの知識と経験が必要であるのは間違いありません。ただ、一般の方がちょっとした意識 をもって、見つめる(チェック)だけでも、十分な判断材料となる知識・要素も多々あります。

ここでは、住宅購入に役立つ「住宅周辺環境」「土地環境」に関するチェック要素・知識を ご紹介したいと思います。


住宅購入時の「土地環境」のページはこちら。

新しい住まい方「分譲賃貸マンション」の情報

マンション 最近、よく耳にするようになった「分譲賃貸マンション」ですが、基本的には 以前から存在していた住宅形態のあり方です。ただ、近年”住まい方の多様化”に 加えて、”投資目的”でのマンション購入が増えたことで、分譲賃貸マンションの 供給が増えているのではないでしょうか。

そんな分譲賃貸住宅には、大きなメリットもあれば、落とし穴ともなる課題も多々 存在しています。ここではそんな「分譲賃貸マンション」に関する各種情報を ご紹介いたします。


分譲賃貸マンションのページはこちら。

住宅リフォーム前に確認・チェックしておきたい情報

住宅 住宅を末永く・そして気持ちよく活用していくには、「リフォーム」がとても大切な要素となります。 ただ、この”リフォーム”に関連して様々なトラブルがいまだに多く存在しているのも事実です。

そこでここでは、少しでもリフォームのトラブルを未然に防ぐためのチェック要素やリフォームする上 での大切な要素など、リフォームに関連した各種知恵・情報をご紹介したいと思います。


一級建築士による「中古住宅検査・チェック」サービス

住宅 住宅購入や住宅リフォームをする上で、役立つのが専門家による「中古住宅検査・チェック」サービス です。住宅の現状をメリット・デメリットに分けてそれぞれの要素を把握した上で、住宅購入の判断 をするのが最も大切なことです。そんな情報収集・分析を一級建築士などの専門家の手によって行って もらい、その情報を基にして住宅購入の判断材料としていくのがいいのではないでしょうか。

ここでは、そんな「中古住宅検査・チェックサービス」の内容やポイントについてご紹介したいと 思います。


中古住宅検査・チェック のページはこちら。


■スポンサードサイト